田舎でenjoy子育てdiary

田舎で5歳と2歳の娘達を育てている母です。田舎で3世代同居ののんびり子育て!

図書館から借りてきた絵本

今回借りてきた絵本は

 

《ルルちゃんが選んだ絵本》

 

ぴょんぴょんぱんのかばんです

 

文/香山美子   絵/柿本幸造

出版社/新日本出版社

 

今回大ヒットのようです!

毎晩一番最初に読むと連日読んでいます。

 

以前パパがルルちゃんにとこちらの絵本を買ってきてくれました。

 

どうぞのいす

作/香山美子  絵/柿本幸造

出版社/ひさかたチャイルド

 

 この絵本の表紙のうさぎさんと同じだということで図書館で見つけてときにすぐこれも読みたいとなったのです。

 

買ってきてもらってからこの絵本もしばらくブームは続いたのですが最近は読んでいません。

 

最後の結末についてルルちゃんといつも考えるのがたのしいです。

 

 

ムスティのぼくおいしゃさん

 

ムスティのぼくおいしゃさん (アニメえほん・ムスティ)

ムスティのぼくおいしゃさん (アニメえほん・ムスティ)

 

 

作・絵/レイ・グーセン

出版社/佼成出版社

 

こちらのなかなかお気に入りになっています。

 

4歳のルルちゃんは最近医療ドラマも見始めてハマっています。

 

きっかけは最近まで放送していた

 

『コードブルー』

 

お義姉さんがたまたま見ていたのを一緒に観る時間があって、少しの時間だったのにハマったようです。

 

録画して後日みることもありましたし、テレビで見たくってしまって終わるまで寝れない時もありました。

 

そのハマりように

 

「どういうところが面白いの?」

 

と聞いたことがあったのですが

 

「手術がおもしろい」

 

とのことで、、、

 

子供はどんなことに対しても興味が湧いたことに純粋です。

 

最近ではドラマ、

 

コウノドリ

 

前作から私が見ていて今回録画していたのを見ていたら、ルルちゃん大はまり!

 

自分がどうやって産まれたのか、ロロちゃんがどうやって産まれたのか、ルルちゃんがたくさん質問してくるので答えながら見ています。

 

 

 

だっこだっこ

作・絵/つちだよしはる

出版社/金の星社

 

つちださんの絵本はどれも内容が優しいです!読み終わったあと娘達とベッドで絵本と同じようにだっこしたり、スキンシップが自然ととれます。

 

 

くまのがっこう

ジャッキーのちいさなおはなし

作/あいはらひろゆき  絵/あだちなみ

出版社/ブロンズ新社

 

短いお話しがたくさん入っています。

見開きのページの絵とお話しがどれもとっても可愛いです。

 

 

アレクサンダとぜんまいねずみ

作・絵/レオ・レオニ  訳/谷川俊太郎

出版社/好学社

 

前回借りた「フレデリック」が大好物だったため。

 

《母が選んだ絵本》

 

くまさん・くまさんなにみてるの?

作/ビル・マーチン 絵/エリック・カール

出版社/偕成社

 

 

こちらの洋書が家にあってこれまでも読んでいました。

 brownbear  brownbear

Whats  do  you  see ?

 

 

日本語の絵本を図書館で見つけて私が見たくて借りてきました。

 

なるほど、こういう言い回しなのかと勉強になりました。

 

子供達も内容がわかる絵本をお気に入りの洋書とかわりばんこに楽しそうに読んでいます。

 

 

 

 

《ロロちゃんが選んだ絵本》

 

ロロちゃんはお昼寝で今回図書館に行きませんでした。

 

 

《前回のルルちゃんヒット絵本は?》

 

 

ダントツで、

 

フレデリック

 

 

作・絵/レオ・レオニ  訳/谷川俊太郎

出版社/好学社

 

 

毎晩毎晩、返却するまで読みました!笑

 

 

内容がまだ難しいかなと思ったのですが、とても集中してお話しを聞いていました。

 

 

最後のページの言葉が印象的だったようで、毎回のように最後に声に出して自分で読むのでした。笑

 

《ロロちゃんのヒット絵本は?》

お姉ちゃんのルルちゃんの影響もあって、毎晩よんだためロロちゃんも必然的に読むことに。

 

内容よりもロロちゃんはフレデリックの表情に注目ていました。

 

「寝てる〜!」

 

とよく教えてくれました。

 

 

絵本で子供達の世界観がさらに豊かなものになりますように.+: 。:+.゚+.゚+.゚。::。゚.+:。.+:。*。・++・。*。.゚++.゚・゚・。