田舎でenjoy子育てdiary

田舎で3歳と1歳の娘達を育てている母です。田舎で3世代同居ののんびり子育て!

図書館から借りた絵本

今回借りてきた絵本は、

 

«ルルちゃんが選んだ絵本»

 

 ミリーのすてきなぼうし

作/きたむら さとし

出版社/BL出版

 

主人公のミリーのぼうしも登場人物のぼうしも全て素敵です。

また冒頭の帽子屋さんの対応や終盤のお母さんの対応がほっこりします。

私もああいう機転のきく大人になりたいと思いました。

 

 

 ジャッキーのじてんしゃりょこう

 作/あいはら ひろゆき   絵/あだち なみ

 

これまでも何冊もこのシリーズは読んでいますが、デイビッドについてお話していました。絵本の中の気に入ったフレーズを何回もふとした時に口にします。

 

 

«ロロちゃんが選んだ絵本»

パンダ銭湯

作/tupera tupera         出版社/絵本館

 

パンダが好きなのか、ロロちゃんが自ら読みたいと言ったのにびっくりしました。

ルルちゃんも一緒になって楽しんでいます。

実はパンダってこんな生き物なのかってなるような斬新でユーモアたっぷりの作品です。

 

tupera tuperaさんのこちらの絵本も好きで以前よく読んでいました。

 

 

 

最近この”くだものさん”のあめがスーパーで売っていたそうでおじいちゃんから買ってもらったようです。

「ママ!くだものさんのあめあったよ!」

と嬉しそうに教えてくれました。

 

 
f:id:treetopmama:20170701064943j:image

 

しかけ絵本になっているのでロロちゃん(1歳11ヶ月)くらいの小さい子から、ルルちゃん(4歳3ヶ月)くらいの年中児を含め幅広い年齢で楽しめる絵本だと思います。

 

 

«母が選んだ絵本»

 前回借りた絵本の

 

treetopmama.hatenablog.com

 

メイシーちゃんのおかいもの

 

作/ルーシー・カインズ

出版社/偕成社

 

 

が意外と好評でその後英語の本も自分から読みたいというようになったので洋書も少し取り入れてみることにしました。

 

 

 Excuse Me!

作/karen katz

 

I can share!

作/karen  katz 

 Excuse Me!よりこっちになぜか夢中です。絵から想像して英語の意味をひもといていっている感じです。

 

みつけてん

作/ジョン・クラッセン 訳/長谷川 義史

出版社/クレヨンハウス

 

以前紹介した

 

 

treetopmama.hatenablog.com

 

『どこいったん』と『ちがうねん』の作者の最新作です。

この本もぼうしにまつわるお話を関西弁で綴っています。

直接話したりしなくてもお互いの気持ちを思いやり合っている感じがとても愛らしいです。

このシリーズはどれも読む側にいろいろ想像させるようになっています。途中から最後の結末は読んだ人それぞれで感じ方、感想が違うでしょう。

 

 

«前回のルルちゃんヒット絵本は?»

 

おふろだいすき

 

作/松岡 享子  絵/林 明子

出版社/福音館書店

 

毎日入るお風呂の不思議な世界が広がります。次々といろいろな動物たちが登場してきて楽しかったようです。

毎日のように読みました。

 

リッキのたんじょうび

 

作・絵/ヒド・ファン・ヘネヒテン  訳/のざか えつこ

出版社/フレーベル館

 

前半よく読んでいました。お誕生日系はルルちゃんの大好物です! 

 

«ロロちゃんのヒット絵本は?»

 

 借りてきた絵本ではないですが

 

ととけっこうよがあけた

 案/こばやし えみこ   絵/ましま せつこ

出版社/こぐま社

 

わらべうたの絵本なので、歌いながら読みました。

 

最近保育園で覚えた歌(童謡)を大きな声で歌っています。

本人もとても楽しそうです!

 

 

ちょっと脱線しますが、先日家族で本屋さんに行った時こちらの絵本を発見し即購入してきました。

 

 

作/イョルク・ミューレ   訳/まるやま めぐみ

出版社/キーステージ21

 

去年だか一昨年だかにパパが仕事でドイツに行った時にお土産で買ってきてくれた絵本の日本語版です。

 


f:id:treetopmama:20170630230105j:image

 

ドイツ語で書かれているので当初は誰も読めず絵でストーリーを想像してルルちゃんと一緒に読んでいました。

 

もう少し大きくなったら一緒に翻訳しようかな〜っと思っていたのですが、本屋さんで見つけて驚きましたがとても嬉しかったです。

 

日本語版を読んでみると後半は想像どうりでしたが、前半は全然ちがいました・・・。

 

ロロちゃん(1歳11ヶ月)くらいの小さい子からルルちゃん(4歳3ヶ月)くらいの年中さんや年長さんくらいの幅広い年齢で楽しめると思います。子供のおやすみ前に一緒に読んであげるといいと思います。

 

 

洋書も読み初めましたが、辞書があれば一緒に翻訳しながら読めるようになるのでやはりそろそろ購入しようと思います。

 

 

 

treetopmama.hatenablog.com

 

 の記事にある

 

 

絵がたくさん書かれているので子供でもわかりやすそうです。

 

むしろ私が英語全くダメなので、小さい子向けの洋書を読んでも全く内容がわかりません。私がわからないので知りたいという気持ちも大きいです。

 

子供より私が使うかもしれませんね!笑

 

 

 

 

 絵本で子供達の世界観がより豊かなものになりますように.゚+.+.゚*。・・。*。゚。.+:。 。:+.゚.+:。.+:。。:+:。゚++